株式会社イルカ

社員インタビュー

3DCGアーティスト / 登田 裕美
3DCGアーティスト

登田 裕美

お絵かきが好きだった幼少期からスクスクとアニメオタクに成長し、映像とは全く関係のない普通の四年制大学を卒業。
ILCAに入社する前は、とある玩具企画開発会社に新卒として入社し、生産管理の仕事をしていました。
元々アニメが好きだったので玩具会社の仕事も楽しかったのですが、アニメの制作に関わる仕事がしたいという気持ちから2年半程でおもちゃ会社を退職、1年間映像の学校に通い直しました。

さー就職活動どうしようかなーーーーーーーとプラプラしていた時に、ILCAに居た知り合いに声をかけていただいたのがきっかけでILCAに転がり込みました。
実はILCAにはデザイナーとしてではなく、その人のアシスタントとして入社したので、最初の頃は画像のレタッチをしたり、キャラクター設定や物語をひたすら考えたり…色々なことをやりながら、コンポジットやりたいです!って周りの人達に話しまくってたんです(笑)
学校で教わった程度のAfterEffectsの知識しかなかったのに言ってみるものですね。「とだちゃん、ちょっとコンポやってみない?」と、途中からコンポジターになりました。
※コンポジットとは素材画像を合成して最終的な映像に仕上げる工程のことです。

コンポジターとして「衝撃ゴウライガン!!」「闇芝居」「実在性ミリオンアーサー」「ラブライブ!The School Idol Movie」「ドリフェス!」などの作品に参加した後、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて(PS4版)」(以下、ドラクエXI)のカットシーン制作を担当しました。

元々あまりゲームをプレイしない人だったのですが、「ドラクエXI」の仕事で興味が湧き、現在はコンシューマ事業部で、ゲームエンジンである Unreal Engine 4を使用してのゲームのカットシーン制作に携わっています。

ありがたいことに上司やチームメイトにも恵まれ、「ドラクエXI」開発中も笑いが絶えない環境でした。産休取得後に復帰された女性デザイナーの方も実際にいらっしゃいますし、女性にとっても働きやすい職場だと思います。

私は結構ころころとやりたいことが変わってしまう面倒くさいタイプなのですが、「あれやりたい!これやってみたい!」と声を挙げれば、ILCAは比較的希望を通してくれる会社だと思います。

もちろん、絶対希望通りになるわけではありません。ですが、知らなかった分野の案件でも新しい知識や技術を吸収するチャンスですし、有名なタイトルも多いので貴重な経験になるハズです。多分。

働き出してからやりたいことが見つかることもありますし、新たに興味を持つことも出てきます。
少しでも興味があったらとりあえず手を出してみる、というのも私はアリだと思うので、ILCAという会社にも興味を持ってくれたら嬉しいです。