株式会社イルカ

社員インタビュー

3DCGアーティスト / 大倉 火斐
3DCGアーティスト

大倉 火斐

Q:どうしてゲーム業界を目指すようになったんですか?

A:ゲームが好き、映画が好き、絵を描くのが好き、そんな『好き』を仕事にしたいという単純な想いから、この業界を目指すことを決めました。
専門学校のCG学科で3DCGを学び、有名なゲームタイトルの開発に携わることができるILCAに入社することにしました。

ILCAに入って最初に、PS4版「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の開発に携わりました。
開発の初期段階から関われたこともあり、キャラクターのルック開発やパイプラインの構築といった部分にも参加することができ、キャラモデルの制作をしていく中で、そこに至るまでの仕事ぶりが評価され、メインキャラクターのモデリングを担当させていただくことができました。

大規模なプロジェクトで、高いレベルの人たちに囲まれて作業する環境を間近で体感し、貴重な経験を得ることができました。
現在はその経験を基にキャラクターアーティストとして、3Dモデリングやテクニカル周りの業務を担当しています。

ILCAでは、有名なタイトルやハイエンドのゲーム開発にかかわるチャンスが多くあります。
大規模なプロジェクトは大変なことも多いですが、最新の技術やツールなどの習得の機会も多く、何より達成感があります。
そして、その中で得た経験や知識は必ず次に次の機会へ繋がっていきます。

とにかく自分のやりたいことをやってみる、という作り手の楽しい部分を、こういった場面で発揮できるよう、わがままに仕事に向き合きあっていける、そんな職場だと思います。