株式会社イルカ

社員インタビュー

プロデューサー/ディレクター / 竹谷 和真
プロデューサー/ディレクター

竹谷 和真

学生時代、画一的なルールが嫌いでろくに就職活動しなかったんですが、4回生の夏頃に1本のアニメに出会ったのがきっかけでアニメ業界に興味を持ち始めたんです。自分史上でアニメという映像と初めて向き合った瞬間でした。

その会社に制作進行として入社が決まって、気付いたらアニメ業界に6年ほど在籍してました。アニメ業界は苦労も多いですが、それを凌駕するだけの「もの作りの情熱」みたいなものがあったんです。そこで多くのクリエイターと出会い、その仕事を間近で見ることで映像制作に対する美学とか美的センスが磨かれたように思います。

管理してるだけでは物足りなくなって会社を辞めて暗黒の3ヶ月の後に出会ったのがILCAでした。「設立し立てだからなんでもできるよ」という岩﨑マジックに掛かって入社したんですが、確かにILCAはコンテンツを発信していく会社だけあって自由な世界ですね。こんな会社はどこを探しても滅多にないので、出来る限り利用してやろうと思ってます(笑)

現在進行中のオリジナルの企画があって、これを話題性のあるものとして世の中に出すのが目下の目標です。この企画を通してプロデュースもディレクションもできる多機能家電みたいな人を目指したいと思っています。

TOPへ