株式会社イルカ

社員インタビュー

アシスタントディレクター / 岩崎 圭
アシスタントディレクター

岩崎 圭

私が映像へ関心を持つようになったのは、とある大学の卒展の印象的な映像作品がきっかけでした。
それまではアナログの絵の勉強ばかりしていたので、PC操作すらおぼつかないまま大学の映像科に進学し苦労したことを今でも覚えています。

学生の頃は2Dアニメーション作品を主に制作していて、それがきっかけでテレビアニメやライブ映像のお仕事を手伝わせていただく機会があり、それらで得た経験が当時憧れだけで入った映像業界を仕事として選ぶきっかけになりました。

現在ILCAでは3Dゲーム開発の業務に就いていますが、実は3Dを本格的に触り始めたのも入社してからなので日々勉強しています。
学生の頃アニメ制作をしていたという経験もあり、PS4版「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」開発時にはカットシーンディレクターとして一部カットシーンの絵コンテ・演出を担当させていただきました。また、Unreal Engine 4でのシーン制作の実作業も行っています。
開発は大変ですが、携わったものが世に出てその反響を知ったときはとても嬉しいですし、何よりモチベーションに繋がっていると感じます。

私と同じように、経験が少なくとも少しでも映像・ゲームに関心のある方は是非一歩踏み出してみていただければと思います。