株式会社イルカ

社員インタビュー

3DCGアーティスト / 山田 幸奈
3DCGアーティスト

山田 幸奈

高校生の頃『将来仕事にするとしたら何が良いんだろう』と考えた際に、『好きな事を仕事にしたい、自分の好きなことはなんだろう、ゲームが好きだからゲームに関わる仕事がしてみたい』と思い至り、なんとなくするつもりだった大学受験をやめてCGの専門学校に進学しました。

日常的に絵を描く等の創作をするような子供ではなかったので、何もかも初めての状態ではありましたが、3DCGや映像制作を勉強していくうちに「ものづくり」の楽しさを覚え、その中でも特にゲームエフェクトに興味を持ち、これを仕事にしたいと思うようになりました。

ご縁があってILCAに入社し、エフェクトデザイナーとしてゲーム制作に携わり、「ゲームに関わる仕事がしてみたい」という夢は叶いましたが、今後はもっといろんなタイトルに関わって、そのゲームに相応しく、華を添えられるエフェクトを創れるよう精進していきたいです。

私自身、ゲーム業界を目指すにあたり、やらなければいけないことは勿論ですが、やりたい又はやれると思ったらとりあえずやってみる、頼まれた事もできそうならやる、といった感じで学生生活を送っていたらいつのまにか新しいつながりが生まれていたり、色々なご縁をいただけたりもしたので、やりたい事、目指したいものがあるのならどんどん取り組んでいった方が自分も楽しいですし良いのではないかと思います。